健康やダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)にいいと口コミで広がり、幅広い層の年代の方が愛好されているヨガ。「ヨガ」ときくと、やはりインドを連想行う人がたくさんいらっしゃると思いますが、今回はヨガの歴史(大阪歴史博物館は隠れた大阪の名所かもしれません)に学んでいきたいと思います。古くから日本でもヨガは親しまれていますが、皆さんが連想されているように、元々ヨガはインドで4000〜5000年前に誕生したと言われています。ただ、実は、明確な起源はわかっていないそうです。インダス文明の遺跡から彫刻が発見されたのですが、その彫刻がヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)の坐法を組んでいるようなポーズを行っているように見えたことから、これがヨガの起源ではないかと考えられているはずです。元々、「ヨガ」という言葉は古代インドで使用されていたサンスクリット語で、「結合」や「繋ぐ」といった意味を持っているんです。ヒンドゥー教や仏教の修行僧が瞑想をして悟りの境地を開いたり、気持ちを集中させて世の乱れを消し去ることが目的とされていたことから、非常に宗教色が強い神秘行法でした。それが基となり、ポーズや呼吸法、瞑想(サッカーの日本代表キャプテンとして活躍している長谷部誠選手がベストセラーとなった著著「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」で紹介したことで、知った方も多いのではないでしょうか)をすることによって心と体の調和をはかることが出来る方法として、アジア各地へ修行僧が移動すると共に伝えられ、その土地の文化(あまりにも違いすぎると、一緒に暮らすのが大変だったりもします)がブレンドされて現在のようなヨガが確立されたのかもしれません。日本でも806年頃に天台宗や真言宗の修行僧達が中国へ渡りヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)を持ち帰ったことから、今のヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)スタイルへとどんどん進化していったのではないかという説がありますー